『姓名鑑定の理論』

(1)陰陽構成

宇宙・自然界におけるすべての物質は「陰」と「陽」の支配下にあります。陰陽の調和や作用によって、人類及び、社会。その他、すべてのものが影響を受けています。
勿論、人の運命もその支配から逃れる事は出来ません。完全陰陽構成、不完全陰陽構成(繰り返し陰陽構成・圧迫陰陽構成・弱圧迫陰陽構成・片寄り陰陽構成・中断陰陽構成)

(2)五行

五行は「木・火・土・金・水」の五種類で構成されています。この五行からあなたの知らない「潜在している性格までも調べることが出来ます。
運命を司る一番重要な項目であり、この条件を無視して運命を良くすることは出来ません。
本書は「顕在・潜在」している「長所・短所」までも、記載してあります。また相手の「長所・短所」の顕在・潜在している部分まで分かりますので、対人関係をより円滑に進めることが出来るようになります。
性格(長所・短所)、病気主因(肝臓・心臓・脾臓・肺臓・腎臓)、適職(適材適所)、相性・恋愛・婚期

(3)意義

文字が持つ意味で、明暗・喜怒哀楽・音・寒暖・その他、色々な感覚を見る人・聞く人に感じさせます。文字が持つ意味の通り支配されます。

「姓」の意味と「名」の意味に流れが必要とされます。

(4)画数

「正統姓名学」では、画数条件だけで人の運命の「良し悪し」を判断・鑑定するものではありません。従って、画数条件はあくまでも四番目の条件なので
す。
天格(先祖・血筋・血統の運命を示す)、地格(0歳から27歳前後の運命を示す)、中格(27歳前後から54歳前後までの運命を示す)、総格(54歳以降の版年期の運命を示す。)

(5)天地の調和

「天地」の調和の場合は、その人の「心の世界」を支配し、日常生活の中で常に現れるモノでなく、精神世界の中に潜在しており、重大事に現れてきます。
「天」とは「姓」であり、「地」とは「名」のこと。

上記の(1)から(5)の五大条件は、総て自然界から生じたものです。姓(先祖=先天運)に対し、名(本人=後天運)を五大条件にのっとり調和させることが、宇宙・大自然界・先祖からの目に見えない恵みを受けることが出来、無理することなく健康=家庭の輪=富(出世)を自然に築いて行けるようになるのです。