高杉 晋作

今回は「高杉晋作氏」の例題を上げて簡単に説明します。
「高杉晋作氏」の運命条件の内容を正統姓名学を表した『秘傳』の431ページ~435ページに
記載してあります。
「高杉晋作氏」は、長州藩(山口県)を討幕の方向に決定づけた伝説の人物で、
維新の幕開けの立役者として、後世に語り継がれています。
「高杉晋作氏」の運命条件
 
No.1 運命について ・・・・・・・・・『秘傳』456ページ~487ページに記載
No.2 破天荒な思想・発想・着想 ・・・『秘傳』133ページ~173ページに記載
No.3 天才と呼ばれる由縁 ・・・・・・『秘傳』152ページ~153ページに記載
No.4 死因の病名は ・・・・・・・・・『秘傳』254ページ~256ページに記載
No.5 何故、短命であったのか ・・・・『秘傳』331ページ~372ページに記載
「高杉晋作氏」の気違いじみて見える「思想・発想・着想及び独創性」はどこから来たかを、
運命条件No.2、No.3で解明することが出来ます。

 

「解説」
 
上記、運命条件の内容を簡単に解説いたします。
【陰陽構成】は、完全陰陽構成で、大吉です。
【五  行】は、金金性です。
【画  数】は 少年期・・・・・17画で、吉数です。
       中年期・・・・・17画で、吉数です。
       晩年期・・・・・34画で、大凶です。
【天  地】は、天は17画、地は17画で「天地」の調和が、「天地総同数」となり凶、
      数奇な運命をたどってしまいます。

 

姓の頭は10画、名の頭は10画で「天地」の調和が「天地同数」で凶、矢張り「天地同数」の為、
数奇の運命をたどってしまいます。
以上のように高杉晋作氏は「天地総同数」・「天地同数」の2つの「衝突因縁」を持ち合わせていました。
運命も・考え方も一般の方と全く異なります。

 

高杉晋作の本名は、高杉義助であり、
 
「高杉義助氏」の運命条件
 
【陰陽構成】は、蒔き直し陰陽構成で凶です。
【五  行】は、木金性です。
【画  数】は、少年期・・・・・20画で、大凶数です。
       中年期・・・・・20画で、大凶数です。
       晩年期・・・・・37画で、吉数です。
【天  地】は、吉です。
今回は例として「高杉晋作氏」・「高杉義助氏」という過去の人物の運命条件を記述しましたが、
現在にも当然当て嵌まり、誰でも簡単に鑑定できます。
正統姓名学を記した『秘傳』の書は、実践して戴ければ、姓名の重要性を理解して頂けるものと、
思います。

 

追伸

 

この世の中で一番の悩みは「対人関係に他ならず」、この問題を解決していくには、相手の性格を
知り、その対策を講じることで、相手との付き合い方が、簡単に分かります。
実際、自分自身の「長所・短所」を全部言う事は難しく、全部知っている方は、まずいません。知っていても、
せいぜい2つか3つ位だと思います。
しかし、正統姓名学『秘傳』の書には、自分でも知らない・潜在している「長所・短所」まで明記
してあります。
初対面の人の性格を知ることは不可能で、把握することはできませんが「姓名」さえ分かれば、
簡単に「長所・短所」を捉えることが出来、また運命までもがわかります。
正統姓名学『秘傳』は、実践に実践を重ね、3代(70数年)にわたり、体得したモノを
543ページに纏め上げました。
価格は5,000円です。これを会得すれば、必ず人生の楽しみが増えます。
『秘傳』の購入は、AMAZON・楽天ブックス・各書店(紀伊國屋)他で購入できますが、
売り切れの節は、直接、一光堂にお申し出ください。