病・吉凶など

「病は気から」
自分で病気だと、信じてしまう事から起きるということです。
「百病は気から起きる」
「よろずの病は心から」の諺の通り、自分が病だと思い込んでしまったら、確実に病になってしまいます。
また、「この病気は治らない」と思ってしまったら、その病気も治りません。
「この病気は治る」と思い続ければ、完治が早くなりますし、生存率も高くなります。

「不安」の最も恐ろしいところは、それを思い続けていると、貴方の人生そのものが思っている「不安」の通りになってしまう事です。

人生は「可能」と思えば「可能」になり、「不可能」と思えば確実に「不可能」になります。

更に「病気になったら困る」「事故を起こしては困る」「お金が無くなったら困る」・・・と年中、思っていれば、必ずと言っていいほど、現実に起こってしまうのです。

人間が生きていくうえで、重要なのは「休息」と「睡眠」です。
脳も体も、使い過ぎてしまっては、本来の力を発揮することが出来なくなり、効率は、一段と下がってしまいます。