『幸福とは』

 幸せの扉を開く鍵は、あなた自身の性格の【長所・短所】の中にあります。

☆【長所】【短所】の中にこそ、自分でも想像出来ない偉大な能力が「潜在」しているのです。

運命学の定義の中に

この3つの条件がそろって、初めて良い運命=幸福といわれます。

「健康」で家庭が「和」であれば、必ず「富」は手に入れることが出来ます。

この条件が揃えば『心』おだやかに安定してくるため、当然「長所」が(自分でも知らない潜在しているものまで)多く出てきます。「長所」が出れば、出るほど運命は上昇していきます。

運命が良くなると『心』が整い「感じる力」・「とらえる力」・「無意識の力(潜在能力)」が自然と発揮できるようになります。

  

☆人生が順調に進むと、性格の「長所」が多く出てきます。

それは何故だと思いますか?

悩むことが少なくなり「無理」「ダメ」「難しい」「出来ない」「才能がない」・・・などと、自分を否定する言葉が出てこなくなります。

更に、他人との比較・批判・否定などがなくなります。

良くなれば、良くなるほど「夢」が生まれ、自分に対して「自信」が出るため、諸々の問題が起きても「自分には解決できる」「簡単に分かる」「楽勝」などのポジティブな考えが自然に生まれてきます。

この思いの「波長」が人生を劇的に変化させます。また、自分の「夢」が叶うため、次の目標が明確に決まります。

『心』の中に「絶対に出来る」という思いが強く生じ、多少の困難があっても諦めずに、前に進むことが出来るのです。

 

☆反対に人生が挫折の繰り返しの場合、自分でも知らない「短所」が確実に出てきます。

この「短所」があなたの潜在している能力を発揮することを阻む原因になります。

だれしも悪いことが次から次へと起きてくると、自然に「不平」「不満」「不足」「不安」「後悔」「イライラ」・・・などの状況になり『心』最悪な状況に置かれます。

 

☆運命を破壊していしまう最大のものは「短所」です。

しかし、「短所」こそが「運命改革」の最大の武器になるのです。

  

☆運命をより良くするためには「短所」を最大限に生かすことです。

運命を良くする為には、自分自身の性格の【長所・短所】をよく知らなければ、運命を改善することができません。

☆貴方の性格の中に、秘められた能力が眠っています。

姓名学の観点から『性格』=『心』をわかりやすく説明いたします。

「名前」=「性格」=『心』=「運命」

上記の通り『心』の基になるのは「性格」です。その『心』があなたの「運命」を決定することになります。

自分の「性格」の長所・短所を知り、良きを伸ばし、悪しきを抑え、人生を邁進することです。
性格の中には「長所」「短所」があり、これも「顕在」している部分と「潜在」していて自分でも知らない部分とがあります。

「顕在意識」「潜在意識」とは

「顕在」(表に出ていても自分でも分かる)している能力はわずか10%~15%位しかありません。

「潜在」(自分でも分からない)している能力は85%~90%もあります。

この「潜在能力」を最大限、発揮できれば、不可能が可能になります。