徳川 家康氏

「徳川 家康氏」の運命条件

解 説

家康氏の幼名は「松平 竹千代」であり「松平 元信」⇒「松平 元康」⇒「松平 家康」⇒「徳川 家康」へと「改姓・改名」をしてきました。

【陰陽構成】は、「完全陰陽」で大吉です。

【五  行】は、「木・木性」です。

【画  数】

「少年期」・・・・・21画で、大吉数です。

「中年期」・・・・・13画で吉数です。

「晩年期」・・・・・39画で吉数です。

【天  地】は、吉です。

[注] 姓の「徳」は、旧漢字の15画で鑑定しています。「徳川 家康氏」は運命条件は完全であり、戦国武将の中でも抜群の運命条件を持ち、乱世の中、天下を平定し家紋繁栄の礎を築き「徳川家」を十五代に渡り繁栄させてきました。

「松平 竹千代氏」の運命鑑定

解 説

【陰陽構成】は、「完全陰陽」で大吉です。

【五  行】は、「火・金・火性」です。

【画  数】

「少年期」・・・・・14画で大凶悪数です。

「中年期」・・・・・11画で大吉数です。

「晩年期」・・・・・27画で吉数です。

【天  地】は、吉です。

「竹千代」が歩んできた少年期は、祖父・父親と相次いで家臣に殺害され、自身も他家へ人質として送られるなど、不遇の日々を送りました。14画と言う大凶悪数を背負い、苦しい道程を歩みました。

家康氏の幼名は「松平 竹千代」であり「松平 元信」⇒「松平 元康」⇒「松平 家康」⇒「徳川 家康」へと「改姓・改名」を4回してきましたが「徳川 家康」を除いて、他は、全て晩年期の運命条件が大凶で波乱万丈の運命に支配されましたが、 「徳川 家康」 と 「改姓・改名」 して、皆様も周知のとおり「徳川家」を繁栄に導きました。

詳しくは【秘傳】P413~P420を御覧ください。